【2017年8月】秋葉原の閉店した店舗まとめ【閉店・移転・統合】

スポンサードリンク

【2017年8月】秋葉原の閉店した店舗まとめ【閉店・移転・統合】

アキバの2017年8月に閉店・移転した店リスト(日付順)

※不足・訂正等ありましたらTwitter(@akiba_ug)またはコメント欄でお知らせください。

閉店・移転・統合 : 8店

今年の夏は例年に比べて雨が多く涼しい日が多かったが、いきなり猛暑日がやってきたりと気温の変化が非常に大きい1ヵ月であった。
そんな秋葉原の8月は老舗店やカフェの閉店が目立ち、8店舗のお店が閉店した。

ジャングル 秋葉原本店【閉店】

電気系統製品、デジタル関連機器と言ってもこのご時世、細分化が更に細分化を繰り返し続けている。そんな深い電子文化の中でユーモア溢れる品々が販売されていた。
海外の製品や中古日本製のパソコン周辺機器は他のお店では入手困難なものもあった。

開店時期:年月日
閉店時期:2017年8月20日

カレー専門店ベンガル【閉店】

カレー激戦区の秋葉原で昭和48年から営業を続けていた老舗のカレー店。
日々変化してゆく時代の流れにも屈することなく独自の個性を守り続けていた。
お店のおすすめはビーフ角切りカレー。ほどよく焼き上げた牛肉をまたじっくりとカレーソースで煮込んだ丁寧な一品だった。

開店時期:1973年月日
閉店時期:2017年8月22日

喫茶 PLACE(プレイス)【閉店】

レトロな雰囲気のこちらも老舗の喫茶店。
時間の感覚を忘れてしまうような落ち着きのある佇まいに癒される人たちも多かった。
食事メニューの豊富さ、そして運ばれて来る料理がボリューミーなことで有名だった。

開店時期:年月日
閉店時期:2017年8月22日

シーマン 秋葉原店【閉店】

船の中のような、それでいて広々とした落ち着ける内装の魚料理がメインのお店。
新鮮な魚介類を使用した海鮮料理は幅広い客層に支持されていた。エビやウニを活用した海鮮チーズフォンデュなど、斬新なメニュー、コース料理や鍋は来る人たちを飽きさせなかった。

開店時期:2016年10月28日
閉店時期:2017年8月26日

アキバ商店【閉店】

油そばが人気だったラーメン店。
しっかりと特製のタレが染み込んだ、厚みのある豚バラ肉で提供される自家製のチャーシューには定評があった。

開店時期:2005年3月10日
閉店時期:2017年8月27日

アニマックスCAFE 東京秋葉原店【閉店】

歴史ある名作アニメから話題の最新アニメまで、老若男女が楽しめる衛星放送のアニメ専門チャンネル、アニマックス。
そのアニマックスがプロデュースするイベントカフェ。
アニマックスで放送される映像、アニメ劇中に流れる音楽などを楽しみながら、アニメとイメージコラボをしたメニューの料理や飲み物を楽しめた。

開店時期:2014年12月11日
閉店時期:2017年8月29日

麺屋 ここいち 秋葉原店【閉店】

カレーチェーン店CoCo壱番屋が展開するラーメン店。
大元がカレー店と言うこともあり、メニューの多くにはスープにカレーが使用されている。
が、醤油や塩などのスタンダードメニューも健在。
そしてまた、カレー店のルーさながら、そのスープの辛さをお好みで選ぶことができる。
もつ煮丼、たれかつ丼と言ったご飯ものも豊富だった。

開店時期:2014年9月1日
閉店時期:2017年8月29日

メイドカフェ ぴなふぉあ【閉店】

テレビドラマ電車男でもロケで使用された老舗のメイドカフェ。
女性だけでも気軽に入りやすいお店だった。
名物の、ケチャップでメイドさんに文字や絵を描いて貰えるオムライスが人気だった。

開店時期:2003年10月1日
閉店時期:2017年8月31日